目薬,目が覚める
仕事中、寝起き、寝る前と目薬を使う頻度が高くなってきましたら、目薬にこだわってみるのもアリかと思います。

「眠気を覚ましてスッキリしたいけどどの目薬がいい?」

このような悩みがある人は間違いなく、「ロートジー」がオススメです。

製品名 : ロートジー
内容量 : 12ml
製造会社 : ロート製薬株式会社

2年前から使ってる目薬「ロートZ!」これかなり気に入っています。他の爽快系目薬を試しましたが、「ロートZ!」がダントツでした。私はコンタクトをしていないないので普通タイプを購入してますが、コンタクト用ももちろんあります。

 

ロートジーを使い続けてる理由


  • 安さ
  • 爽快さ
  • 使い安さ
 
薬局やコンビニでは400円前後で売られてます。セールがある時はもう少し安くなりますね。ネットからだとポイントが付いたりします。

今迄試したクール系の目薬で一番爽快になれる。商品のキャッチコーピー「目覚めるような清涼感」の通りです。

爽快というのは、

  1. 目にグッとしみてくる
  2. 目がスキっとする
  3. 少し目が冷たい気分になる

と私は思ってます。始めて使用する人は確実に目がしみますが、慣れてくるとその「爽快感」がたまらなくなります。
 
使い安さですが、キャップ部分を前後をスライドさせるだけでキャップを外せる。しっかり開け閉めできるので漏れは全くない。

Yシャツの胸ポケットに忍ばし、使いたい時にすぐ使えるようにしてます。可愛い目薬ポーチとかも今は揃ってるんですね。

女性の方にはハマりますが、男が持ってるとちょっと焦ります(汗)


ロートジーの有効成分


  • 塩酸テトラヒドロゾリン
  • ネオスチグミンミチル硫酸塩
  • 硫酸亜鉛水和物
  • クロルフェニラミンマレイン酸塩
  • ビタミンB6
  • Lアスパラギン酸カリウム
 
どの言葉も聞き慣れないですね…。

ロートジー使用状況


  • 目覚めの一滴
  • PC見過ぎでドライアイの一滴
  • 昼過ぎ眠気冷ましに一滴
  • 飛行機とか乾燥する場所で一滴
  • 風の強い日、目にほこりが入った時
 
やっぱりスッキリしたい時に目薬を使う事が多いです。この量で3ヶ月くらいはもちますよ。一日だいたい5回くらい使用、一回片目1、2滴。
 
コスパも良く、自分の目が欲しがってる目薬でオススメの商品ですね。爽快さと安さを求めるならロートジーが一番です。
 

ロートの「クール40」と比較

ロート,クール40

ロートジーに使い慣れてくると、更に刺激が欲しくなってきました。ロートから出ている「クール40はロートジーと比べるとどうだろう?」となったので使ってみました。

ロートジーと比べて爽快感が。。

使用後、目は多少しみましたが、ロートジーよりしみる強さはありません。しみる強さは断然ロートジーが上です。

爽快感は、すっきり感は多少あるものの、やはりロートジーに比べると劣ります。すっきり感がない分、眠気がそこまで覚めません。

使う用途として、眠気を覚ますと言うより、「目に潤いを与えたい」と言った感じです。そこまで強い刺激がほしくない方には丁度良い目薬です。


そもそも眠気があるって満足できる睡眠をしていないのでは?

「眠気覚しに目薬を使っても数時間経つとまた眠眠気が襲ってきませんか?」

私の場合、夜寝付けないことが多々あり、次の日起きるのが辛く、仕事中に眠気がグンっと押し寄せてきます。

夜寝付けない理由は、

  1. コーヒーやカフェイン入りの飲み物を飲む
  2. 週末に遅く起きてしまい睡眠サイクルが狂う
  3. 寝る前にスマホを触る
  4. 寝る前にゲームをする

これらがあてはまります。制御すれば良いのですが、自分の好きなものはなかなか我慢できないのが本音です…。

しかし、最近流行っている「快眠法」があるのをご存知ですか?

快眠法は字の通り「こころよい眠りを作る方法」です。7日間だけこの「快眠法」を続ければ、十分な睡眠を得ることができ、結果次の日スッキリと目覚め、昼に眠気が起こることもありません。

個人差はありますが、毎回眠気時に目薬を使うより効率が良いです。スッキリ感も目薬で無理やりスッキリさせるより体に良い気がします。

不眠でなかなか仕事に集中できない方はぜひ挑戦してみてください。

>>快眠法についての詳細ページを見る